私は多数の消費者金融からお金を借りていたのですが、

私は多数の消費者金融からお金を借りていたのですが、返すことができなくなって、債務整理をしなければならなくなりました。債務整理にも色々な方法があり、私が行った方法は自己破産です。

自己破産した後は借金が清算され、負担が軽減されました。
債務整理に掛かるお金というのは、手段によって大きく変わります。任意整理みたいに、会社の数に応じて安めの料金で利用することができる方法もあるものの、自己破産する際のように、とても高い金額を支払うものもあります。自ら出費を確かめることも大切な事です。



個人再生にはある程度の不都合があります。一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に支払う費用が多かったなんて事例もあるのです。

しかも、この手段は手続きが長い期間となるため、減額となるまでにかなりの時間を必要とすることが少なくありません。過去に債務整理をした情報は、ある程度長期間残ります。
この情報が消えない間は、新たな借入ができないのです。情報は何年か経てば消えることになっていますが、それまでは誰もが見ることができる状態で残ってしまいます。

借金が返せないほど膨れ上がった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と相談して、月々にいくら支払い可能なのか、返済する額を調整します。こうして任意整理が行われますが、その場合に、銀行口座が凍結されてしまうことがあります。銀行にお金を預けている場合は債権者に、返済金額の一部として取られてしまうので、任意整理となる前に引き出しておきましょう。


借金がかさむことにより、もう自分の力で解決できない場合に、債務整理をします。



返済できない借金がある人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談してみましょう。



すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官で話し合いを持ちます。月々の返済可能額などを検討し、その後、毎月いくら返済するかが算出されます。個人再生の手続き方法ですが、これは弁護士に頼むのが一番スムーズです。弁護士に任せることで、ほとんどの手続きを受け持ってくれます。途中で裁判所へ足を運んだり、債権者とのやり取りをする場合もありますが、複雑なことはほとんど弁護士にお任せすることができます。

債務整理をしてしまったら自動車ローンの審査に通らなくなるんじゃないかと不安に思う人も多いですが、実際、そのような事はないのです。
ある程度の時間、組めない時期があるのですが、その時期が過ぎると他の人と同様に、ローンを組めるようになるので、心配はいりません。借金を繰り返してしまって任意整理をしなければならなくなった場合、その後に、新しく借金をしようと思ったり、クレジットカードを作ろうと思っても、信用機関にその情報が残るため、審査を通ることは出来ず、数年程度はそのようなことを行えないのです。
借金癖がある人には、かなり辛い生活となるでしょう。


借金が全部なくなるのが自己破産の制度となるのです。

借金で辛い毎日を送っておられる方には有難いものですよね。ただし、メリットばかりではありません。



言うまでもなく、デメリットもあります。車や家といった財産は全部手放してしまわなければいけません。

そして、約10年ほどはブラックリストに載る為、新しく借り入れることは、できなくなります。