債務整理というこの言葉に聞き覚えがない人も

債務整理というこの言葉に聞き覚えがない人も多くいると思いますが、自己破産、任意整理、そして過払い金請求など、借金に苦しんでおられる方が、借金を片付ける方法をひっくるめて債務整理と呼んでいます。そんなわけで、債務整理の意味は借金を整理するやり方の総称という事になります。


借金がだんだん増えてしまった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と一緒に話して返す金額を調整します。これが任意整理という手続きですが、任意整理の際に、銀行口座が凍結される場合があります。
銀行にお金が残っている場合はそのお金は債権者のものとされてしまうので、任意整理となる前に引き出しておきましょう。


債務整理すると、ブラックリストに載って、それが消されるまでの5年は、新たにクレジットカードを持つことは困難でしょう。でも、5年もしないうちに作成可能な人もいます。


その場合には、借金を完済しているケースがほとんどです。

信用してもらえれば、カードを持つこともできるでしょう。銀行からお金を借りている時は、債務整理を行うとその銀行口座をストップされることがあります。



故に、事前にお金を引き出しておいた方が利口です。銀行は自分が損をしないように、口座を凍結してそのお金を使えないよう処理します。


口座を凍結するのはやりすぎだと思うかもしれませんが、銀行側にとっては、誰にも文句を言われる筋合いはないのです。借りたお金の額が多すぎて、行き詰った時は弁護士や司法書士に助けを求めましょう。これ以上の返済は不可能だという場合は自己破産という選択ができます。



何年間か海外に行けなくなるなどの制限をうけますが、借金はチャラになります。個人再生という手順をふむには、安定収入などのある程度の条件が必須です。

自己破産は特に資産がない人だと、単純な手続きで、終わるのですが、弁護士に任せないと手続きを自力でするのはかなり困難です。自己破産で、いる費用は平均で、全部で20~80万円程度と高額ですが、この費用は借金でまかなうことは不可能なので、きちんと手元に持った上で相談したほうが良いです。生活保護費を支給されてるような人が債務整理をお願いすることは出来ますが、利用方法はある程度限られていることが多いと思われます。



そして、弁護士自体も依頼を断って来る可能性もあるので、実際に利用できるのかどうかを冷静に判断した上で、お願いしてください。
債務整理をした場合、結婚の時に影響があるのではないかと考えている人がいますが、債務整理をしないまま、多額の借金があるほうがオオゴトです。
債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てたい際に、債務整理後、7年の間は住宅ローンが組めない事です。7年以上の間あけると月賦が組めるようになります。少し前、債務整理のうち自己破産という選択肢をとり、無事に処理を遂行しました。



毎日思っていた返済できない、更に延滞してしまったらどうなるのかという不安から解放されて、精神的にかなり楽になりました。


こんなことなら、ずっと前に債務を見直すべきでした。



借金を全部なくすのが自己破産制度となります。借金で辛い思いをしている人には有難いものですよね。

ですが、当然メリットだけではありません。
当然、デメリットもあります。

家や車といった財産は全部手放さなければいけません。

また、約十年間はブラックリストに載ってしまう為、新しい借金はできなくなります。